砂原漁業協同組合

2015.10.20

すけとうだら刺網漁スタート!!

今年度のすけとうだら刺網漁業の水揚が10月15日より始まりました。

                         

解禁日の着業隻数が5隻(昨年15隻)で7㌧(昨年45㌧)と近年では最も厳しいスタートとなりました。

                            

すけとうだらの漁期は、寒くなり産卵期を迎える10月から2月までとなります。

                          

噴火湾では北海道でも有数のすけとうだらの漁場ですが、この時期はまだ噴火湾に漁場形成されて

                                 

おらず、片道3時間程かけた水深300m程の道南西部太平洋海域(通称 西太)が操業場所となっています。

                                         

今後の寒さとともに、海水温が低下することにより漁獲が上向くことを期待したいものです。

IMG_25532.JPG

ページTOPへ